FC2ブログ

合格してから

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村   これで、4月からは大学生。残る国立も受験するので、その対策もしつつ、本当にうれしかった。 2年間、同学年の人との関りが少ないので、大学生になって大丈夫だろうか?とけこめるだろうか? 新たな心配はあるが、それ以上に、期待があるようだった。 夕方速達で、書類が届いた。これを待っていたのだ。 スーツ買ったり、4月から使うもの揃えたり、書類書いたり、いろいろあるが、すべてが嬉しい。 嬉しい、春を迎えられた。家の胡蝶蘭も満開だ。

合格できた

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村  合格できた。高校1年しか行ってなくても、それでも大学に合格できるんだ。 努力は裏切らない。本当に証明したんだ。 すごいと思う。本当にすごいと思う。精神的にきつい時もあっただろうし、勉強やめようと 思ったこともあっただろう。でも、最後の最後まであきらめなかった。 親は勉強面での手助けはしていない。自分で勝ちとった。 合格したのは私立はその1校のみ。 後は、国立の2次を目指すことにした。

合格

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村   とうとう、この大学のこの学部がダメだったら・・・ 10時のパソコンを見るのが怖い。でも見ないわけにはいかない。 一緒には見れない。とりあえず、息子が見てから。 もし、だめだったら、何と声かければいいか??考えることもできず、ひらすら、その時間になるのを 待っていた。 息子がパソコンで合否を見る。あと、ポチっとすれば、結果が分かってしまう。 なかなか、本人もその最後のポチっが押せない。 焦る気持ちと、見たくない気持ちと。 私は、何ももう言えない。息子の声を待つのみ。 ・・・・・・ そして、受かったーーーーーー。 と一声が聞こえた。 全身の力が抜けた感じと、嬉しさと、ほっとした気持ちと、涙をこらえる自分がいた。 何度も、息子とその合格の文字を確認した。 待ちに待った、合格。 合格できたんだ。

まだ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村  この大学は2つの学科受験している。どちらかというと、今日のほうが合格している可能性が高いと 本人は、思っていた。・・・10時、パソコンで合否を見た。 残念ながら、不合格だった。もう本当に後がない。明日のもう一つの学科にかけるしかない。 この時、私はこれからでも間に合う大学を探していた。あとは、国立にかけるか。 センターの結果からすると、無理ではない。ただこの状態で私立一つも合格していない状態での 国立にかけるのは、かなりのプレッシャーだし。 どうなうのだろうか。

まだまだ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村  受験が終わった。私立大学の結果を待つのみ、合格してないなら、国立の2次にかけないと いけないという、かなりのプレッシャーとなる。 5校の結果が分かったが、今だに合格は1つもない。 ここがダメだったら、もう無理だろうという1校は今日10時から発表がある。 本人は、ドキドキものだっただろう。わたしも、それ以上に、ドキドキしていたが 息子には、まだ他もあるし・・・と余裕を見せていた。 この時になり、あーーーやっぱり、滑り止めをちゃんと絞って受けておけば よかったのに、口出せばよかった。と後悔。 浪人になるのか、私立のこれからでも間に合うところを探すか。 やはり、高校1年だけしか行ってない、自分での勉強では無理だったのか。 頭の中をいろいろなことがめぐる。  
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR